伊勢神宮(内宮・外宮)

伊勢神宮(内宮・外宮)

宇治橋や神宮杉など、日本情緒がここにあり!
2000年に渡り「お伊勢さん」の愛称で親しまれている神社本庁の本宗

伊勢神宮は内宮、外宮と呼ばれる御正宮と14の別宮、109の摂社、末社、所管社を合わせた三重県内の4市2郡に分布する125社で構成され、とりわけ天照大御神をお祭りする皇大神宮(内宮)と、豊受大御神をお祭りする豊受大神宮(外宮)を中心に、古くから多く人々の崇拝を集めてきました。
20年に1度行われる神宮式年遷宮は大きな祭礼のひとつで、前回実施した2013年には大きな話題となりました。樹齢数百年を超える古木と澄んだ空気で満ちた森に囲まれた社殿をお参りすると、心も洗われ気の力が満ちてくるように感じます。

名称 伊勢神宮(内宮・外宮)
アクセス 扇芳閣から約15km、お車で約30分
住所 内宮 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
外宮 〒516-0042 三重県伊勢市豊川町279
URL https://www.isejingu.or.jp/

スタッフ情報

「お伊勢参り」は、内宮と外宮の二つを回ることとされていて、外宮から内宮の順にお参りするのがならわしです。

旅のスタイル